/* ul.pager (Newer|Older) ---------------*/ ul.pager { text-align: center; } ul.pager li { display: inline; } /* Archive Type ---------------*/ body.individual.double div#main div.entry ul.info { margin-left: 0; margin-right: 0; padding-left: 30px; }

Home > スポンサー広告 > 「最後の授業」感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://chikuzenni0141.blog63.fc2.com/tb.php/29-9c4372a5
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Beware!

Home > スポンサー広告 > 「最後の授業」感想

Home > > 「最後の授業」感想

「最後の授業」感想

  • Posted by: 蕎麦饂飩
  • 2010-06-12 Sat 04:14:06




著:ランディ・パウシュ+ジェフリー・ザスロー 訳:矢羽野薫 「最後の授業 僕の命があるうちに」

夢を見続ける人間が馬鹿にされるこの世の中で、子どもの時に夢を持つこと、
子どもにとって親という存在が夢を与えるきっかけを作ってあげること、
そしてそれを大人になるまで叶え続けることの大事さを僕はこの本から学びました。

この本は余命三ヶ月の男ランディ・パウシュがカーネギーメロン大学で行った
最後の講義の内容について書かれた本である。
本自体は今死に行くことが決まった男とは思えないとても明るく前向きな内容で、
癌についての説明などは1ページで終わってしまい、ランディが人生の教訓や家族とのエピソードを
語る、つまりはこの世に残していきたいことをつづった遺書、というよりは未来の子どもたちへのタイムカプセルのようなものと僕は考えます。

「レンガの壁がそこにあるのは行く手を阻むものではなくて、その壁の向こうの何かを自分が真剣に望んでいるかどうかを証明するチャンスを与えている。」この言葉は楽観主義であった彼だから言える言葉であり、自分では到底思いつくことができない考えであるとものすごい衝撃を受けた。

彼は死ぬ間際まで未来へと前向きに生きた。その証拠に彼が開発に携わったソフト「Alice」がある。
このツールは3Dプログラミングをドラッグ・アンド・ドロップで作成することが可能であり、
初級プログラミングが簡単に学べるソフトである。
彼曰く、このソフトで色々試すことによって「頭のフェイント」、
つまり気がつけばプログラミングの基礎を覚えることが可能であると言っている。

彼が開発に携わったこのソフトが生み出した成果は、
彼が見ることなくしてこの世を去ってしまったが、
きっとこのソフトウェアの成功を確信していたのだと僕は思っている。

自分があと3ヶ月しか生きられないとしたら僕は何をするのであろうか。
この本を読んだ読者は必ず自分に残せる最大のものを残そうとするだろう。

そしていまだに余命を告げられていない僕は今何をすべきなのであろうか。
この本を読んだ自分にはもうその答えは決まっている。

恒例のの一曲




スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://chikuzenni0141.blog63.fc2.com/tb.php/29-9c4372a5
Listed below are links to weblogs that reference
「最後の授業」感想 from Beware!

Home > > 「最後の授業」感想

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
読書メーター
蕎麦饂飩の最近読んだ本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。